沈黙の臓器

コーニッシュグループ

皆様こんにちわ

本日は健康面について少しお話します。

日本人間ドック学会の調査によれば、肝機能異常を抱えている人は年々増加傾向。30年前に比べて約3倍にまで増加しているといいます。肝臓は「沈黙の臓器」と言われていているだけあって、多少の不調があっても症状が現れない臓器として知られています。

脂肪肝、高血糖、脂質異常など、症状が末期にならないと自覚症状が出にくいため、気づいたときには手遅れということも多いそうなので実はとても恐い臓器なのです。

そうならないためには、肝臓に負担がかかる油っこい食べ物、菓子類、肉、卵、小麦粉などを意識的に控え肝臓を休ませる食事を心がけるだけでなく、肝臓を積極的にケアすることも必要となります。自分の体、年齢と共にこれから少しは気をつけていきたいですね。

フロント


  • [ 2017年6月16日 ]
  • コメント(0)
  • TOP▲
コメント
コメントを投稿
投稿いただいたコメントは内容確認後、掲載されます。通常、公開までに1週間程度の時間をいただいています。

ページの先頭へ戻る