日本最古の現存する可道橋


コーニッシュグループ

先日、三重県四日市市に行ってまいりました。


この場所に、日本最古の可動橋が残っております。

DSC02992.JPG

この橋は、末広橋梁と呼ばれています。

中央の桁の部分が最大80度まで上がります。

平日なら、1日数回動いている姿が見られます。

今回、動いている様子をとらえました。

アングルを変えてみます。

DSC02999.JPG

DSC03000.JPG

橋が動くことで、向こう岸の線路がつながりました。

しばらくしますと、やってきました。

DSC02947.JPG

最初のアングルから撮影し、
セメントを運ぶ貨物列車がゆっくりと渡っていきました。

牽引しているディーゼル機関車は、
橋を渡ってしばらくしますと切り離され、
スイッチャーと呼ばれる牽引機とバトンタッチします。

そして、スイッチャーは終着の工場まで向かいます。

DSC02984.JPG

終着まで見られるのは、
全国でも珍しいとのことです。

なお、末広橋梁は重要文化財に指定されています。

DSC02994.JPG


皆様も、様々な橋を写真に収めてはいかがでしょうか?

季節や時間等によって変化しやすい構造物ですので、
見飽きることはないかと思います。

プラザ梅新 大阪賃貸オフィス
サンメンバーズ大阪梅田


  • [ 2017年6月26日 ]
  • カテゴリー 
  • コメント(0)
  • TOP▲
コメント
コメントを投稿
投稿いただいたコメントは内容確認後、掲載されます。通常、公開までに1週間程度の時間をいただいています。

ページの先頭へ戻る